スタディクーポン・イニシアティブ

経済的な理由で塾に通えない高校受験生にスタディクーポンを届ける「スタディクーポン・イニシアティブ」のブログです。

みんなの力で教育格差をなくすために、「スタディクーポン・イニシアティブ」を始めます。

こんにちは今井悠介です。これまで長年にわたって東北や関西、熊本など、日本の様々な地域で「子どもたちの教育格差を解消する」ための様々な活動に取り組んできました。

f:id:studycoupon:20171006174554j:plain

私がこれまでの活動のなかで気づいた日本の大きな問題があります。それは、

"お金が理由で塾に通えない子どもたちがいる"

ということです。

f:id:studycoupon:20171006182840p:plain

世代間で不平等が連鎖してしまうのが今の日本の現状

言い換えると、①親の所得格差が子どもの塾代にかけられる費用に直結してしまい(塾代格差)、結果として ②子どもたちの将来の可能性にも影響を与えてしまう(不平等の連鎖)、今の日本には子どもたちの間に機会格差を生み出してしまうこのような構造があるのです。

f:id:studycoupon:20171006183243j:plain

塾代格差と高校受験というタイミングの重要性

特に、私は高校受験を控えた中学3年生というタイミングが、塾代格差問題を解消するうえで見逃すことができないと考えています。

・ひとり親家庭で収入が少ないために塾に行けない中学生
・高校受験に全力で取り組みたいのに5科目すべてではなく1科目のみの通塾で我慢している中学生
これまで、こうした事情を抱える中学3年生の子どもたちに数多く出会ってきました。

「親の収入」と「子どものための学校外教育支出」は関係している

f:id:studycoupon:20171012163056j:plain

データを見てみると、中学3年生では「親の収入」が高くなるにつれ「塾代などの学校外教育支出」も多くなる傾向があることがわかります。

低所得世帯の場合、毎月数万円の塾代をフルで支払うことは難しいでしょう。逆に、高所得世帯の親には、子どもの可能性を伸ばすためにしっかりと投資するだけの余力があります。

f:id:studycoupon:20171006183644j:plain

この格差は親だけの責任でしょうか。もちろん子どもの責任ではありません。社会全体の応援で埋めていくべきだし、埋めていくことができる格差だと私は思うのです。

すべての子どもたちに平等な機会を提供すること、意欲ある子が自らの人生を自由に切り開いていけるようにすること。私はこのまだ当たり前になっていない理想を現実にするために、志に共感してくれた仲間とともに、一つの新しいプロジェクトを立ち上げました。

それが、スタディクーポン・イニシアティブです。

f:id:studycoupon:20171006184037j:plain

みなさま一人一人からの応援の寄付をもとに、学習塾や家庭教師などに利用できる「スタディクーポン」を一人でも多くの中学3年生に届けたいと考えています。

解決策はスタディクーポン。低所得世帯の子どもたちにも教育の機会を。

スタディクーポンの仕組みはとてもシンプルです。

①みなさまからいただいた大切な寄付を元手に、

②低所得世帯の子どもたちにスタディクーポンを届けます。

③子どもたちはクーポンを使って、自分が選んだ学習塾などに通うことができます。

f:id:studycoupon:20171006183719j:plain

利用期間は来年4月1日からの1年間です。寄付をいただいてから半年以内に子どもたちのもとにスタディクーポンが届きます。また、特定の個人に紐づけて交付するので、違う子どもに渡ったり、換金されるといったリスクもありません。

いただいた寄付はすべてクーポン費用を中心とするスタディクーポン・イニシアティブの事業立上資金として利用させていただきます(クーポン費用、利用者の募集選考費、ボランティア面談・研修費、調査研究費等)。

 

クラウドファンディング(寄付)はこちら。

https://camp-fire.jp/projects/view/42198 

数多くの教育事業者の賛同

すでに数多くの教育事業者(学習塾や家庭教師など)がこの取り組みに賛同してくださり、幅広い選択肢を提供することが可能になっています。

f:id:studycoupon:20171012161727j:plain

現在も様々な事業者の方とお話をしており、これから賛同してくださる事業者は日々増えていく予定です。

また、子どもたち自身からの「この学習塾に通いたい」という直接的なリクエストにも応じる仕組みがあり、それによってそれぞれの子どものニーズにあった教育環境へのアクセスが提供可能になります。

第1弾プロジェクトは渋谷区と連携

f:id:studycoupon:20171006184541p:plain

スタディクーポン・イニシアティブの第1弾プロジェクトは、渋谷区と連携して実施します。「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」を未来像に掲げる渋谷区は教育格差の解消や子どもの貧困といったテーマにも意欲的に取り組んでいます。

f:id:studycoupon:20171006185812j:plain

全国初の行政・NPO・企業・市民協働(コレクティブインパクト)による「教育格差」解消プロジェクト 

このイニシアティブは「みんなの力で教育格差をなくそう」という思いに共鳴する様々な団体や企業とのパートナーシップやサポートによって成立しています。

  • 事業運営:公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン、特定非営利活動法人キズキ
  • 協働自治体:渋谷区
  • パートナー:新公益連盟、NPO法人ETIC
  • サポーター:スマートニュース株式会社、株式会社CAMPFIRE

f:id:studycoupon:20171006185851j:plain

渋谷から全国へ

塾代格差に苦しむ子どもたちは日本中にいます。今回第1弾の取り組みとなる渋谷区とのプロジェクトで得られた学びや仲間とともに、全国の自治体への展開、政策への反映も訴えていきます。すでに、関心を持ってくださっている他地域の方々との話し合いを開始しています。

まとめと、みなさまへのお願い 

f:id:studycoupon:20171006185929p:plain

私たちは、「高校受験の塾代格差問題」を解決するために、低所得世帯の中学3年生に「スタディクーポン」を届けたいと考えています。

皆様から少しでも多くの応援・ご支援をいただけることによって、来年4月からクーポンを届けることができる子どもたちの人数が一人また一人と増えていきます。

f:id:studycoupon:20171006190000j:plain

みなさまへのお願いは、2つです。

①拡散をお願いします。

スタディクーポン・イニシアティブは単なるクラウドファンディングではありません。子どもたちの視点にたって、今そこにある機会格差を知り、広め、そしてみんなの力を少しずつ集めて解決していこうとする一つの運動だと思っています。自分の学生時代の思い出、親世代になって感じること、ぜひみなさまの暑い思いを乗せて、この投稿やクラウドファンディングのリンクをシェアしてください。

②寄付をお願いします。

WEBから寄付できます。いただいた金額のうち事業運営にかかる最低限の費用を除いた分がそのままスタディクーポンとなり、来年4月、今から半年後に子どもたちの手元に渡ります。社会全体で子どもたちを支えましょう。その安心感や信頼感は必ず子どもたちにも伝わります。ぜひ、みなさまの力を私たちに託してください。

f:id:studycoupon:20171006190505j:plain

クラウドファンディング(寄付)はこちら。

https://camp-fire.jp/projects/view/42198

子どもたちに必要な機会を提供するために精一杯がんばります!

みなさまぜひ私たちに力を貸してください。

f:id:studycoupon:20171006184102j:plain

スタディクーポン・イニシアティブ代表

今井悠介 

書いた人

今井悠介 スタディクーポン・イニシアティブ代表

f:id:studycoupon:20171006174554j:plain

1986年兵庫県生まれ。小学2年生の時に阪神・淡路大震災を経験。関西学院大学在学中、NPO法人ブレーンヒューマニティーで不登校生徒支援に関わる。KUMONで教室コンサルタントとして勤務。その後公益法人チャンス・フォー・チルドレンを設立・代表理事に就任。 

© 2017 STUDY COUPON INITIATIVE